スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痴漢野郎と三人の刑事とわたし。

今朝の早朝の早朝、痴漢通報した。

犯人走って逃げたけど、シメシメ。って思われるのなんて絶対イヤだし、狂ったように叫んで追っかけた。捕まえるつもりなんて、さらさらない。だってなんかあったらコワイもん。でも、やすやすと逃げれると思うなよ。って心底思った。だから、狂ったように叫んだ。恐怖心を与えたかった。地元だったから、友達や家族も被害にあってほしくない。
被害届も出した。
「被害届出しますか?」
「はい」
「2時間くらいかかりますが、いいですか?」どういうつもりで聞いたのだろう。面倒くさいのか、私のスケジュールを気にしてくれているのか。でも、もう心は決まってるんです。たとえ、前者だとしても。

しばらくして、刑事がやってきた。三人組の刑事。私と年齢近いだろう三人。

1人は、女性。美しい人だった。
1人は、黒ぶちメガネで、マジメで正義感の強そうな男性。
1人は、イケメンだけど、どんくさそうな感じの男性。

被害に合う前から、犯人逃走までの様子を写真撮りながら再現していく。イケメン刑事が、撮影、女性刑事が、犯人役。
黒ぶち刑事が、その様子をメモしていく。

ロイヤルホストに停めてあった自転車に乗り、北上している途中、京都中央信用金庫を過ぎたあたりで、徒歩南下してくる犯人、すれ違いざまに犯行。
自転車を乗り捨て、走って追っかける。
金ちゃんラーメンの駐車場に逃げ、その後、行方を失う。

すぐ、110番通報。

呆然と立ったまま、辺りを見回すと不審車両発見。

金ちゃんラーメン横に、窓開けっ放し、エンジンかけっぱなし、音楽なりっ放しの無人の車。周りに人は居ない。

犯人の車な気がしてならない。

そこで張ることにした。
早く、警察駆けつけて!で、この不審車両の持ち主に、職務質問してほしい。っていう思い。

状況を、110番の電話で伝えながら、まだかなまだかなって、車のそばで待ってたら、警察よりも先に、車の持ち主が戻ってきた。

犯人と同じ、黒髪短髪、黒の半袖、痩せ型男!
顔は、犯行当時暗かったから見てない、ただ、持ち主が戻ってきたころには、薄っすら明るくなってて、顔が見えた。
気持ち悪っ。(犯人じゃなかったら申し訳ないけど、いかにもってかんじの面持ち。)
とうとう、その車は行ってしまった。電話先の警察の誘導で、不審車両のナンバーを告げる。

その二分後くらいに、黒い車が近くに止まる。男が降りてくる。コワイ。

警察だった。。。

現行犯逮捕出来なかった。
悔しい。

この歳になると、こんな犯行は現行犯でないと、なかなか逮捕出来ないことは知ってる。

はじめの黒い車の到着後、続々とパトカーやらなんやらやってきた。

同じ質問を何度か受ける。

そして、刑事三人組が到着。
それまでに、ベテラン刑事らしき人に、「犯人は身長何センチくらいだった?ちなみに私の身長は何センチに見えますか?」と訪ねられ、「180センチ」と答えると「185センチです。なら犯人は、170センチくらいだな。」というやりとりもあった。

ベテラン刑事と、新人?刑事三人組の迅速なやりとりを目の当たりにして、思った。

刑事ってかっこいいなぁ。

その後、伝えられていた、2時間かかる事情聴取で、警察署へ。
途中、ところどころ座ったまま寝てしまった。

一日でも早い犯人逮捕に繋がることを願います。

気づけば、犯人追っかけるときに、夢中で自転車乗り捨てたときにできたんだろう、足の打ち身が何箇所か。

イタイ。心もイタイ。

みんなも気をつけてね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

mayuminote

Author:mayuminote
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。